初めての派遣ガイド

派遣とは

派遣とはまずは「派遣」というシステムを正しく理解しましょう。派遣社員として働く場合、大きな特徴は「雇用契約を結ぶ会社」と「実際に勤務する会社」が違うということです。

正社員や契約社員・パートの場合は、勤務する会社と雇用契約を結び、給与も勤務先から支払われます。
一方で派遣は、派遣スタッフ(あなた)、派遣先(あなたが働く勤務先)、派遣元(登録する派遣会社)の3者間で成り立つ仕組みなのです。
派遣の場合、雇用契約はあなたと派遣会社のあいだで結ばれますので、給与は派遣会社から支払われます。仕事の指示は派遣先企業から直接、受けます。
勤務時間や待遇など、労働条件については派遣会社と交渉し、日々の業務での相談は派遣先企業とやりとりすることになります。

人材派遣についての決まりは「労働者派遣法」で派遣が可能な業務や期間が定められており、安心して働くための制度が整っています。

年金はどうなるのか、病気やケガをした場合の保険はどうなるのか、気になるところです。派遣スタッフであっても正社員と同様、社会保険に加入することができるし、有給休暇を取るなど福利厚生を受けることができます。
派遣スタッフも、一定の条件を満たせば社会保険に加入できます。詳細は登録した派遣会社で確かめましょう。

登録から就業までの流れ

登録から就業までの流れ

1.登録予約

まずは、派遣会社に登録をします。
WEBサイトや電話で事前に予約をして、登録説明会に参加します。
派遣会社によりますが、WEBサイトで仮登録を完了しておくと時間短縮になり登録までがスムーズになるようです。

2.登録手続き

派遣会社に訪問し、登録の手続きをします。
システムや就業までの流れが案内される「登録ガイダンス」
あなたのお仕事の希望を伝える「カウンセリング」
適性をチェックするための「スキルチェック」などが行われます。
運転免許証や住民票などの身分証、職務経歴書、証明写真、印鑑などが必要になるかと思いますので、事前によく確認をして下さい。

3.お仕事選び

カウンセリングの際にあなたに最適な仕事が見つかれば、その場でお仕事を紹介をしてもらえます。
また当日に希望のお仕事が見つからなかった場合でも、あなたのキャリア・スキル・希望条件にマッチした仕事が見つかり次第、派遣会社から連絡があります。
もし、事前にwebサイトなどで気になるお仕事があった場合には、カウンセリング時に伝えてください。

4.お仕事決定

就業条件、任されるお仕事の内容、職場環境、職場近隣の環境などを確認し、問題がなければ、就業決定となります。
最短で、登録した当日にお仕事を決めることもできますし、しっかり時間をかけて選ぶこともできます。

5.就業スタート

就業開始日時などが決まれば、いよいよお仕事スタートです。
就業中も、派遣会社の担当営業が定期訪問をしてくれるなど、サポートがあります。お仕事やスキルアップに関する相談もできますので積極的にキャリアにつなげて下さい。
派遣契約の終了が近づいたら契約更新の確認があります。契約終了が確定した場合は、就業先での経験や仕事に関する希望を再度伺った上で、引き続きあなたに合ったお仕事を紹介してもらえます。