派遣で働くということ

派遣で働くメリット

派遣で働くメリット

◆希望に合わせて仕事を選べる

働く時間帯や曜日、残業の有無、勤務地、給与など、派遣会社にさまざまな希望を伝えられます。
家庭や育児との両立をしたい、スクールや趣味などのプライベートを充実させたい、という希望も叶えることができ、ライフスタイルに合わせたお仕事を自分で選択できることが大きな魅力でしょう。

◆さまざまな仕事や職場を経験できる

自分のスキルやレベルに合わせて、お仕事を希望することが可能。
例えば、未経験OKのお仕事をスタートしてスキルを身につけてから、次のお仕事でレベルアップしたお仕事にチャレンジするなど、自分の意思でキャリア設計をすることができます。
また、正社員ではあきらめていた人気企業や大手企業でも、派遣社員を募集しているところは多くあります。さまざまな企業文化・風土に触れて見聞を広められるチャンス。努力次第でさまざまな経験ができる、働きかたです。

◆派遣会社のフォローあるので安心

お仕事の紹介から契約期間の終了まで、派遣会社があなたをサポートしてくれます。
派遣会社によって対応の仕方は異なりますが、就業先での疑問や不安についての相談ができたり、電話や会社訪問であなたの様子を確認してくれたりするなど、心強いバックアップ体制が整っています。
「相談できる相手がいる」という安心感があることで、より業務に集中できるはずです。

◆人間関係に縛られない

派遣社員は、あくまで「契約の範囲内の業務をするため」に派遣されているので、会社のイベント事などに、参加の強制をされることはほとんどありません。
正社員とは違い、上下関係や、お付き合いの飲み会などのしがらみに縛られることは比較的少ないといえるでしょう。

◆Wワーク(仕事の掛け持ち)ができる

ほとんどの派遣会社ではWワークが可能です。複数の派遣会社に登録することもできるので、スケジュール次第では曜日や時間帯を変えて仕事の掛け持ちをすることができます。
もちろん、時間管理・体調管理は自分自身で責任を持たなければなりませんので計画的なスケジュール管理が必須です。

派遣で働くデメリット

派遣で働くデメリット

◆収入が安定しにくい

派遣はほとんどのお仕事が時給制です。そのため、収入は実際に就業した時間数に左右されます。
ゴールデンウイークや夏期休暇などお休みが多い月には月収がダウンしてしまうことを考慮しなければなりません。計画的なやりくりが必須となります。

◆責任がある仕事を任せられるチャンスが少ない

「お仕事の範囲が明確」というメリットの一方で、それ以外の仕事は範囲外となり、責任のある仕事や応用性のある仕事を任せてもらえないことが多々あります。やりがいを求める方は、徐々に物足りなく感じるかもしれません。
派遣元担当者と相談し、仕事の範囲を広げる交渉をしてみてもよいでしょう。

◆契約期間があるため、雇用が不安定な面がある

派遣のお仕事は契約期間が決まっています。派遣スタッフがそのままお仕事を続けたいと思っても、派遣先企業の業績や景気変動などにより、契約期間を続行できない可能性があるという不安があります。ただし、派遣期間中の契約解除は法律で禁止されているので、「派遣だから」という理由ですぐにやめさせられることはありませんのでご安心下さい。
契約期間が終了した後、次のお仕事探しに困らないよう、スキルアップしておくことも大切です。

◆交通費やボーナスが支給されないことが多い

派遣社員の場合は、交通費やボーナスが支給されない場合がほとんど。
自宅から通える範囲であることをしっかり確認しておく必要があります。